勝どき駅徒歩4分│中央区の耳鼻科 勝どきみなみクリニック│治療方針

お問合せ:03-3533-0715

診察受付
システム(初診・再診)
自動電話対応診察受付システムTel. 03-5534-9300★自動音声で受付(初診・再診)

当院の治療方針

ごあいさつ

勝どきみなみクリニック 院長の南と申します。
このたび、自身が管理職として関わっていた勝どきすばるクリニックを継承させていただく形で、2017年11月より開院の運びとなりました。
前クリニック開設当初から運営を一貫して行っておりましたので、新規開業ではございますが、これまでの治療方針や設備などに変わりはございません。
前クリニックでも心がけてきた、地域の皆様方のホームドクターとして、常に患者様の気持ちに寄り添いながら、医学的根拠を意識した診療をご提供したいと考えております。
耳、鼻、のど、アレルギーの病気、めまいや顔面神経麻痺など耳鼻科領域疾患全般はもちろん、耳や鼻の掃除などどんな事でもなんなりとご相談くだされば幸いに存じます。

院長紹介

略歴
  • 宮崎大学医学部卒業(1996年)
資格
  • 医学博士(審査論文のテーマ;中耳粘膜における水チャネルの発現)
  • 耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医
  • 身体障害者福祉法 第15条指定医
所属学会
  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本小児耳鼻咽喉科学会
院長 南 愼一
院長 南 愼一

当院の連携医療機関

  • 聖路加国際病院
  • 昭和大学付属江東豊洲病院
  • 東京慈恵医大附属病院本院

三つの診療方針

  1. 1.
    医学的根拠に基づいた診療
  2. 2.
    丁寧で詳細な診察
  3. 3.
    自院完結型の診療

1.当院では、医学的根拠に基づいて診療することを常に心がけております

患者様一人一人のご病気に向き合っていく際に、これまで報告されてきた最新の医学文献ならびにガイドラインを参考にして、常に医学的根拠を意識した診療をご提供したいと考えております。

たとえば、急性副鼻腔炎や花粉症などのアレルギー性鼻炎、お子様に多い急性中耳炎や滲出性中耳炎については数年ごとにガイドライン自体に若干の修正が加わっている状態ですので、平素より知識や技術のアップデートを怠らないよう努力を続けます。

  1. 小児急性中耳炎診療ガイドライン
  2. 小児滲出性中耳炎診療ガイドライン
  3. 鼻アレルギー診療ガイドライン
  4. 食物アレルギー診療ガイドライン
  5. 喘息予防・管理ガイドライン
  6. 小児の咳嗽診療ガイドライン
  7. メニエール病診療ガイドライン
  8. 熱性けいれん診療ガイドライン
  9. 嚥下障害診療ガイドライン
  10. 顔面神経麻痺診療の手引き
  11. 頭頸部癌診療ガイドライン
  12. 副鼻腔炎診療の手引き

2.当院では、丁寧で詳細な診察を行えるよう努めます

耳鼻科領域の疾患は専門性が高いうえに、対象が肉眼のみでは見えにくい奥まった部位にあるため、所見の正確な把握や病状を患者様に説明することがさらに難しくなっております。
このため診療に際しては、丁寧な問診を行った後に、必要に応じて内視鏡あるいは顕微鏡などを積極的に活用し、所見や病状を詳細にお伝えするのは当然として、耳垢などがあれば随時局所の清掃をきちんと行い、より良い状態で所見をとれるよう留意しています。

また、聴力検査や血液検査などの各種検査結果についても、検査のみに終始せずに検査意義や治療方針等について、可能な限りご理解いただけるように説明したいと考えています 。

手術用顕微鏡による所見 内視鏡による所見

3.当院では、外来日帰り手術・補聴器相談など行い、可能な限りワンストップの診療所を目指しております

悪性腫瘍や重症の感染症といった入院や手術が必要と思われる重症例、他科疾患などに対しては、高次医療施設と連携し、ご紹介や治療継続などが滞りなく行えるよう心がけておりますが、一方でお忙しい患者様の生活も考慮しまして、開業医レベルで可能な治療や検査は自院での治療や検査の完結を目指しております。
具体例として数点あげますと、以下の治療・検査などを行っております。

当院の治療・検査内容
  • 鼻炎、特に鼻閉症状に有効なレーザー手術、またレーザー手術で効果が得られにくい症例に対しては最新の治療機器であるラジオ波照射手術をお勧めしています。
  • 耳疾患では、中耳炎に対するガイドラインに沿って、適応があれば鼓膜切開や鼓膜チューブ留置術はもちろん、鼓膜穿孔例や慢性中耳炎に対する日帰りでの鼓膜形成術も行っております。
  • アレルギー症状を根治的に治療可能な、自宅で行える舌下免疫療法のうち、現段階で国内にて認可されているスギ花粉に対するシダトレン®、ダニに対するミティキュア®の処方を行っております。
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医・および学会認定補聴器相談医としての経験を生かして、様々な聴覚障害や補聴器に関するアドバイス、ならびに適応があれば身体障害者認定のための申請を行っております。  
  • 株式会社帝人との提携にて睡眠時無呼吸症候群に対する簡易検査の実施や重症患者様の治療であるCPAP(持続式陽圧呼吸療法)の機器処方および管理指導を行っております。

上記以外の治療や検査につきましても、お気軽にご相談ください。

電話をかける PAGE TOP